エンジニアという職業は、自主性を持って取り組める人に向いています。与えられた仕事をこなすだけでは、新しいスキルは身に付かないからです。
また、次々と舞い込む仕事に対応するので精一杯となり、満足に技術向上も行えません。
ある種の適性を持つ人は段取りを組むことが上手ですし、効率良く仕事をこなすものです。
そしてエンジニアは、独立できる仕事としても人気があります。経験やスキルを培うことで、専門性の高い業務に特化することができるからです。
そのような独立をするのも、やはり自主性を持つ人材が多いものです。
自分のキャリアプランを考えて、普段の業務に取り組むことができます。そこで必要となるスキルに磨きをかけて、いつでも独立できるように準備する傾向があります。

つまり、適性を持つ優秀な人材ほど、業界を離れて独立しているというわけです。業界全体でも、そのような優秀な人材を確保しておくような仕組みができていません。
育成教育も十分に行えないことから、適性の無い人はいつまでも業界に留まり、やがて転職せざるを得なくなるわけです。技術の進歩の早さについていけなくなるのが理由ですが、特にスキルも持たないままで転職活動をします。
そこで、独立するためには何が必要なのかを考えることが必要です。適性を持つ人材は何が違うのかを、自身の目でしっかりと把握することが求められます。
その上で、普段の業務を通してスキル磨きを行うことが大事です。

もちろん、これはエンジニアだけに限らず全ての職業に言えることであり、独立には多大な労力と勇気が必要です。
独立を視野に入れている人は、独立の仕方や意義などが書かれた独立できる仕事はコレだ!というサイトを見て、その可能性を模索してみましょう。