エンジニアは、独立できる仕事としても人気が高い職種です。自由な働き方を望む人にとっては、必要な技術を身に付けることで独立できます。
もちろん、自主的に努力しなければ求める技術は身に付きません。多くの会社は、人材育成までの余裕が無いからです。

けれども優秀なエンジニアであれば、自己研鑽も進んで行うものですし、職場でもそれなりの活躍をします。
多くのエンジニアは技術屋として徹するために、自分の仕事にのみ集中するものです。
けれども優秀なエンジニアは、プロジェクト全体の流れを気にします。
納期までに間に合うのか、求められる品質を確保できているかをチェックするのです。そしてメンバーとコミュニケーションをとり、問題点を洗い出しては解決しようとします。

実はこのような取り組みの中で、独立するために必要なスキルはほとんど備わるのです。クライアントとの折衝に必要なコミュニケーションスキル、案件を納期までに終える管理能力にプロジェクト全体のコスト管理などが挙げられます。
つまり、業界で活躍できる人ほど、独立しやすいという傾向が見られるものです。
これは人材を育てることができない業界が抱える課題ですが、優秀な人材は独立後に再び業界に戻るケースもあります。マネージャーやコンサルタントとしてキャリアチェンジをして舞い戻る人は少なくありません。
培ったスキルを活用できることもありますが、より多くの報酬を得られることも、その理由と考えられます。