IT技術職のメリットは多数ありますが、その中でも個人の力量が重要視されて独立できる仕事であることがあげられます。
特にプログラマーやWebデザイナー、Webエンジニアなどはその傾向が強く、将来の可能性が広がるでしょう。

スタートラインとしてはまず企業に就職する、その後にキャリアアップして管理職を目指す、もしくは独立してフリーランスや個人事業主として活躍することも可能です。IT業界は他に比べて収入の高さが魅力のひとつであり、管理職となればさらにアップしていくので進んでいく価値が出てくるでしょう。
もっとも管理職となれば作業だけを行えばいいわけではなく、部下をまとめる、クライアントや他の部署や役員に対して説明や交渉の義務も必要となります。
仕事に対する責任が重たくなり、その反面、技術作業に関しては一線を退く必要が出てくるかもしれません。これは技術作業を好む人間にとっては悩ましい問題ですが、立場が変われば仕事の内容も比例するのは普通のことです。
これはそれぞれの職種に関わらず同じことで、技術作業にこだわるのなら独立して働く方がいいでしょう。

管理職になる、独立を目指す、どちらもメリットとデメリットがあるので正しく理解して進む必要があります。そして独立もタイミングが必要で、そのまえに下準備をしっかりと行う計画性が重要です。
将来を見据えて必要な項目をクリアする、これによって望む立場を手に入れることができるでしょう。